施工管理の仕事とは?求人内容はどんなもの?

施工管理の仕事内容と必要な資格についてです。女性でも資格を取得していれば仕事に就けます。最近は女性の求人も増えています。

施工管理の仕事とは?求人は男女問わずたくさん!のメイン画像

施工管理の仕事とは?求人内容はどんなもの?

現在求職中の身(女性)ですが、施工管理の求人が多いのでとても気になっています。

施工管理の仕事はどんなものなのかあまり知らないのですが、何の資格がない私でも仕事に就けるのでしょうか。

施工管理というと男性と言うイメージですが、女性でも大丈夫なのでしょうか。

【施工管理の仕事】

施工管理というのは、建築業における工程管理や品質管理、安全管理、原価管理などを行う仕事です。

施工管理が行えるのは、施工管理技士の資格があればできるようです。

工事の現場には職人さんたちが大勢働いていますが、工程を管理したり安全を管理する人が必要になります。

そういった役割をするのが施工管理の仕事です。

現場監督と理解しておけば良いでしょう。

【国家資格が必要】

施工管理の仕事をするには、施工管理技士の国家資格が必要です。

施工管理技士には複数の種類があり、土木施工管理技士、管工事施工管理技士、建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、造園施工管理技士、建設機械施工管理技士と6つあります。

いずれも1級と2級があり、2級は比較的易しく、1級は難関のようです。

実務経験がないと受けられない資格です。

【女性でもなれます】

施工管理の資格を取得している人の中には、女性もいます。

実務経験を積み、資格試験に合格して資格を取得すれば、施工管理者として仕事に就くことができます。

以前は男性中心でしたが、最近は女性の求人も増えていると聞きます。

企業側も女性だからと採用を見送ることはほとんどありません。